メンバー | ジョージ・アンド・ショーン株式会社

members メンバー

小さな優しさは、強さに変わる。 Create a new world with love to someone.

CEO 井上 憲

技術の進化は目まぐるしい。
私たちが実施する事業は、時にIoT、時にはAIと言われ、
様々な技術的な観点で語られることがあります。
一方で本当に人にとって大事な技術というのは、
それそのものが素晴らしいことに加えて、
人の手が入って初めて完成する
技術であるように思います。
技術に人の心を込めて、
初めてサービスになり得ると思っています。

「少しだけ優しい世界を創ろう。」
我々がビジョンに掲げるこの標語には、
技術だけで完成させるのではなく、
人の手がそこに入って成し得る、
見守りサービスとしての在り方を描いています。
我々が実施するコア事業である
biblle(ビブル)という見守りサービスは
私自身が認知症という課題に
直面して立ち上げたサービスです。
これまで、このサービスを形にするにあたって
たくさんの高齢者様、認知症の方と
お会いしてきました。
出会っていつも感じることは、
どの高齢者様も笑顔が素敵なのです。
普段は本当に元気であり、
決して認知症であるとは思えない方々ばかりです。
ただ、気が付いたら帰る道を忘れ、
気が付いたら外にでるのが怖くなってしまっている
と、寂しそうな目をされます。
そんな人たちが笑って出歩ける街作りのために、
小さな優しさを紡いで見守りが
機能する街づくりをしていきたい。
すでに多くの企業様に賛同頂き、
biblleから派生したサービスが生まれ、
血の通った支援ができるようになりました。
こうして生まれる様々なサービスが
新たな笑顔を作っていけるように、
技術と人とが手を取り合って実現する、
少しだけ優しい世界を創っていきます。


CTO 中村 晋吾

外資系コンサルティングファームのITコンサルタント
として、主に上流のシステム設計を行う。
その後、別の外資系コンサルティングファームに
移り、セキュリティや内部監査の     
コンサルタントとして金融企業の内部監査を実施。

技術者としての更なる探究心から開発エンジニアとして独立。
ブラウザやモバイルアプリケーションの開発を行う傍ら、
自作デバイスの開発やWebシステムの構築も行う。
共同創業者として、井上と共にGeorge & Shaunを起業し、
CTO(Chief Technology Officer)に就任。


COO 松林 晶

大学時代にゼミで学んだJavaをきっかけに、
新卒で独立系ソフトハウスに入社。
官公庁系、通信系のプログラマ、SEとして活躍し、
主にオープン系Webシステム開発のキャリアを積む。
その後、外資系ITベンダーに転職。
Java、アプリケーションサーバーを中心とした
ミドルウェアのプリセールス活動に従事。

2016年に設立直後のGeorge & Shaunに参画。
Webシステム、モバイルアプリケーションの開発・運用から
OS、ミドルウェア、データベースの構築運用等、
システム全般を担当する。
George & ShaunのCOO(Chief Operating Officer)に就任。


CDO 小沼 亜実

武蔵野美術大学 芸術文化学科中退後、
University of the Arts Londonにて
コミュニケーションデザインを学ぶ。
帰国後、コンサルティング&デザインを行う
Japan Life Design Systemsに入社し、
都内ファッションビルのブランディングや広告制作、
ファッションブランドカタログの
アートディレクションに従事。
プロデューサーとして、コンセプト立案から
デザインソリューションまでを行う。
George & Shaunのロゴ制作をきっかけに
biblleなどのデザインを担当。
2018年にGeorge & Shaunの
CDO(Chief Design Officer)に就任。


執行役員 小野 幸村

1983年生まれ。東京工業大学大学院 総合理工学研究科卒業。
精密電気機器メーカー入社後、生産技術研究所部門にて
製品のキーコンポーネント内製化の研究に従事。
2016年に設立直後のGeorge & Shaunに参画。
デバイス開発・Webシステム開発等を担当。


CDO(Chief Digital Officer)
砥綿 啓晶

1983年生まれ。九州大学大学院システム情報科学府卒業。
フロントエンドからバックエンドまで幅広く手掛ける
フルスタックエンジニア、アーキテクト。
2019年にCEO井上に起業ノウハウを師事すべく
George & Shaunに参画。
その後どっぷりスタートアップでの開発にハマる。
AWSをフル活用したWebサービス設計、開発に従事。
テニスとサーフィンと筋肉が好き。


AIエンジニア
横山 慎一郎

東京大学大学院工学系研究科電気系工学専攻卒業後、
外資系ITベンダーに就職。
クラウドを中心としたセールス、プリセールスを経験し、
現在の主な担当はデータ分析。

2018年にGeorge & Shaunに参画。
AIエンジン開発を担当。

休みの日は酒か開発かダイビングのどれか。


UI/UXディレクター
鈴木 智昭

大手メーカーシステムエンジニア、web制作会社代表等を経て、
2019年にGeorge & Shaunに参画。
200以上のweb案件に携わった経験を活かし、
UI/UXディレクション、各種プロジェクトマネジメントを担当。
グルメ雑誌に寄稿経験がある、
カレーとアナログレコードのマニア。

advisories アドバイザリー

ヘルスケアフード アドバイザー
杉浦仁志

大阪生まれ。24歳で料理を始め、
東京や大阪のレストランで研鑽を重ねた後、2009年渡米。
全米で約50店のスペシャリティーレストランを展開する
パティナ・レストラン・グループにて感性と技術を磨く。
2013〜2018年「PATINASTELLA」(東京・渋谷)
エグゼクティブシェフに就任
2014年・2015年 ニューヨークの
国際連合日本政府代表大使公邸で開催された、
世界の国賓約300名が集うレセプションパーティーにて、
日本代表シェフを務めた
2017年 イタリア・ミラノで開催された世界大会
“The Vegetarian Chance”にてTop8シェフを受賞
2018年 “ザ・ベスト・オブ・シェフ 50”(日本)受賞
2019年 “Vegetarian Award 2019 ”(日本)料理人賞受賞
近年は料理家としてだけでなく、
広く"食"というアプローチから
高齢者の認知症のための健康食レシピの考案や、
書籍の提供を行っている。
ジョージ・アンド・ショーンとは、認知症/MCI高齢者向けの
食事による改善についての共同研究という観点から、
2019年より活動を開始。
2020年4月より、正式にアドバイザリーとして参画。
2020年6月より、
高齢者の健康寿命延伸のためのレシピ公開動画サイト
"シェフ杉浦仁志の健康レシピチャンネル"を開設。